スタッフブログ

食物アレルギーのこども持つ母として、、、思うこと。想うこと。

 BLOG一覧

LINEで送る

image

食物アレルギーのこどもを持つ母として

思うこと。

想うこと。

こどもの年齢が大きくなるにつれて

今まで、近くで守ってあげれたことが

出来なくなることがあります。

活動の場も広がり

外の世界へ意思を持って歩いていきます

今ままで、出会ったことのない人と出会う機会が増えます

その人は、食物アレルギーがどんなことなのか知りません

なんとなく、知っていますが正しい知識ではありません

今まで出会ってきた人は、たまたま、理解がある人

それは、母として近くで状況を説明してきたから

もしかしたら、、、、

きっと、、、、

理解を示してくれる人と過ごしてきたのでしょうね

困難な環境になったとき

母がチカラを貸していたから

どんな時も、母が助けたから

傷つくことを最小限に抑えていたのでしょう。。。

しかし、、、活動場が広がると

大げさですが、人生の荒波に近ずく可能性が増えます

そんなとき、、、

我が子は、SOSを出すのでしょうか

黙って我慢するのでしょうか

立ち向かうのでしょうか

思い悩み心配かけまいと心に閉ざすのでしょうか

考えるだけでも、

涙がでそうになります

ある出来事がありました

その時、息子はヘラヘラ笑っているだけで

言い返しませんでした

また、別のときは

大泣きをしました。

また、あるときは

食べれないから、いらない!と言い顔を背け逃げました。

どの時にでも、、、

息子は、相手にやり返さないことを徹底しているんだ、と

発見できました。

側から見たら

一見、弱い男の子かもしれません。

しかし、彼の心はとても強かった!

小さな頃から、生きること!食べること!

いつも隣り合わせで成長しました。

美味しい物を沢山食べました!

家族でお弁当、、、誰よりも食べています。

いただきます!ごちそうさま!

いつも家族が一緒です!

心の真ん中に数え切れないくらいの

あたたかい宝物があります。

同じ環境のお母さん

いつでも、どんな時もこどもを信じましょうね!

きっと、誰よりも大きく成長していますから!

  • お問い合わせ
  • 店長のお話し
  • よくある質問
  • スタッフブログ
通販商品一覧
  • お買い物ガイド
  • パンの食べ方

米粉パン専門店 こめらぼキッチン

〒751-0821 山口県下関市三河町9-15

TEL.083-265-8553

営業時間/10:00〜18:00 店休日/水・日曜日
※商品がなくなり次第終了となります。

Top