スタッフブログ

悲しいとき、、、悲しいと言える人に育てる。本当の気持ちが言えるようになったら世界が広がります。我慢するならそれでもよし!どっちを取るか考えよう!

 BLOG一覧

LINEで送る


IMG_0529

アレルギーがあると、ふとした時に

ささいな時に疎外感を味わう出来事に出会います。

小さな頃から、食べることに気をつけて

家族みんなで取り組んで、周りの理解が得られていると

初めて出会う衝撃的なタイプの方や

信じられない事が急に起こることがあると、かなり凹みます。

まさかの遠足のお菓子交換会!

お弁当のかえっこタイム。

そもそも、食中毒の危険があるから交換なんでダメでしょーって私は思います。

急にケーキが出て来る

目の前に食べれないものばかり。

ケーキより和菓子のほうが美味しいのに、、、和菓子は日本食文化でしょって私は思います。

たったひとつの食べれるものを、食べられてしまった!とか、、、

食べれないことを、人前で大きな声で言われる

周りの人から仲間外れにされるとか、、、

そんな時、どうしますか?

うちの息子なら、何も言いません。言えません。

やり過ごしなんとも言えない気持ちを隠す変な笑顔になるだろうと思います。

私が側にいたら、息子のために言葉でも行動でもチカラを駆使して

その場から息子を救いだせます。

が、、、私がいないとき。

遊ぶふりしてその場から逃げ出すでしょう。

逃げ出すことも正解の一つ。

弱さではありませんが

きっと息子は、帰ってから様子がおかしくなって

すぐに私になんかったね!と言われ、悲しい出来事を私にいいながら

大泣きするでしょう。

同じような話、お客様からも聞きます。

そこで、すごく感じてます。

アレルギーのある子って、心が優しいなって。

我慢をする心、家族みんなに愛されて食すること

しっかり身についている

幸せですね!

でも、それが外では逆効果になることがあるんだと痛感しています。

今まで、家族でしっかりサポートしてきてるので心の基盤はバッチリです。

あとは、自分の気持ちをその場で言える話術を身につけること。

泣いてもよし!

大泣きしてもよし!

でも、逆ギレはダメ。

伝えたいこと、その気持ちをどうやって伝えるのか

言い回し方、行動。

きっとうまくいく!

アレルギーがあることは悪いことでない!

自信を持って生きること!

 本当の気持ちを言う!言わない!我慢する!我慢しない!

その選択肢は自分が持っていること。

世界がもっと広がるように

こどもの年齢が大きくなるにつれて

後押ししていく時期がやってきました。

  • お問い合わせ
  • 店長のお話し
  • よくある質問
  • スタッフブログ
通販商品一覧
  • お買い物ガイド
  • パンの食べ方

米粉パン専門店 こめらぼキッチン

〒751-0821 山口県下関市三河町9-15

TEL.083-265-8553

営業時間/10:00〜18:00 店休日/水・日曜日
※商品がなくなり次第終了となります。

Top