スタッフブログ

新しい環境と給食や生活、薬、エピペンについて話し合いをする季節。どうやったら、うまくいく?

 BLOG一覧

LINEで送る

仮入学を控えている皆さん

新しい環境と話し合いを持つ機会がありますね。

食物アレルギーがあると

入園、入学、進学の際に

給食や生活、持参する薬やエピペンについて先生方と

話しをしなくてはなりません。

どのように話しを進めるべきか

理解してもらえるために

どう話しをしたらよいか

悩みますよね。

私達が悩むのと同じくらい

相手側も、とても悩んだり

どうしたらよいかわからない状況であることは

間違いないことです。

私の経験と、お客様の経験を合わせると

まず、保護者の方が要望する全ては叶わない。

四月からしばらくは給食を家庭から持参することになりやすい。

一学期全部になるかもしれない。

まず、完全アレルギー対応は難しい。

上記の内容だけで

親の気持ちは、撃沈。

拒否されたみたいで、

悲しみより、なんだか腹立たしい。

なんて、ことが起きやすい。

私も、憤りを感じたことがありました。

あ!ダメですね!

無理ですね!

と、何も聞かずに言われたことがあります。

 でもね、、、

12年もアレルギー育児で

ふと、自分こそ、

とても悪かったのではないかと反省する部分がわかりました。

我が子の為に、必死になりすぎて

要望ばかりに。。。

アレルギーのことがわからない人に

完全理解を求め、理解が完全じゃないから苛立ったり。

秋以降に

仮入学のお知らせがきます。

まずは、今の学校がどのように考えているかを

探ってみる準備をしてみると良いかもしれません。

公立は、先生の移動があります。

今はだめでも、

新しく赴任してきた先生の中で

協力して下さる方が現れるかもしれませんよ〜〜

そして、小学校の先生は比較的、

しっかり!はっきり!

意見を言うケースが。。。

園で、いたせりつくせりの対応に慣れていた保護者の中には

衝撃的なダメージを受けることもあります。。。

今のありがたい環境に

感謝する、

その気持ちも大切に!

仮入学で悩みが発生した場合には、

同じ学校の先輩ママさんとお近づきになるのも

秘策です!

  • お問い合わせ
  • 店長のお話し
  • よくある質問
  • スタッフブログ
通販商品一覧
  • お買い物ガイド
  • パンの食べ方

米粉パン専門店 こめらぼキッチン

〒751-0821 山口県下関市三河町9-15

TEL.083-265-8553

営業時間/10:00〜18:00 店休日/水・日曜日
※商品がなくなり次第終了となります。

Top